α7R4を使ってみて(高画素)

α7R4を使ってみて

カメラが届いて1週間。慣熟運転はまだまだ始まったばかりですが、使ってみた印象を小出しに書いていこうかなと思います。

・高画素6000万画素ってどんな感じだろうか?想像すらつかない画素数です。JPEG(エクストラファイン)で30-40MB、RAW(非圧縮)では120MB程度と凄いサイズになってしまいます。しかしながら、やっぱり6000万画素はすごいです。面積比で5%(20分の1)を切り出しても普通のクオリティ。この2枚の写真、1枚目の中心部を拡大したものが2枚目です。2枚目の写真、最初からこう撮りましたトリミングなんてしていません、と言っても通用しそう。

赤い花。名前は知らない。

真ん中の部分を拡大。面積比20倍

・現像処理は、「覚悟していたほど」大変ではありません。ファイル取り込み時などα6000でも待たされていたこともあって、それと比べてちょっと長くなったかな、、という感じ。現像処理自体は時間が増えているようには思えません。ですが、個人の感覚ですのでどうこうは言えないですし、マシンのスペックや接続機器によって全然違う結果になるでしょう。ちなみに、私が使っているのは、iMac(2017), Core i5 3GHz, 16GB-RAM, というまあ普通のスペックのマシンです。

神戸ポートタワー

この部分だけを切り出すと

これだけ拡大してもまだギザギザになりません

カメラを買い換えました

私がそれまで使っていたのが2011年に買った、EOS-7Dと、その少しあとにサブで買ったα6000。EOS-7Dが購入後もう9年目になっていたとはびっくり。(買ったのは2011年ですが、発売は2009年。もう10年も前)
長男のテニスの試合や次男の野球の試合を撮影するのに大活躍。そこから写真を撮ることに少しずつはまり出して今に至ってます。

で、最近、妻と一緒に野鳥を見に(撮りに)行くようになりました。野鳥は人間と違って、小さい、早い、暗いところにいることが多いのでなかなか大変。枝の奥にいたりすることが多いのでカメラのAFだけを使っていたらピントが合わないことも多々。なのでマニュアルで補正しています。
MFでピントを合わせる時に、ミラーレスだと、というか、α6000だとピントを合わせたい点の画像がEVF(Electronic View Finder)上にズームアップされて表示されます。なので、ピントが本当に合わせやすい。お気に入りの機能です。

こんな理由で、7Dを徐々に使わなくなり、α6000にMC-11というSIGMA製のマウントコンバータを使って、キヤノン用レンズを取り付けて撮影するようになりました。そうするとミラーレスの便利なところに慣れてしまい、ミラーレス1本にしてしまおうと踏ん切りがつきました。MC-11があればCANONのEFレンズが使えるし。

次に、ミラーレス、何にしようかな、、と考えてみました。私がポイントとしたのは下記
・鳥を撮るのでAPS-Cが良い(フルサイズにすると焦点距離ボーナスがなくなる)
・最後はMFで合わせ込むけどできればAFで非常に細かいエリアでピントを合わせて欲しい
・100-400くらいのレンズを付けた時にα6000のグリップは小さすぎて持ちにくい(小指がグリップにかからず余る)
・連写は秒間8-10コマ欲しい
・高感度のノイズが少ない撮像素子(裏面照射)

8月末にAPS-Cの新機種発表がある、と噂サイトに出ていたので、期待していました。でも、出てきたα6600のイメージセンサはこれまでと同じもの。あとサイズもこれまでと同じなのでホールド感もおそらく期待できず。。。

どうしようかなぁ、、と思案しつつ、9月6日に発売開始となったα7R4を少し触ってみました。
「良い」
何がって、EVFがめちゃくちゃ良いのです。OVFのように精彩でかつ明るい画像がそこにあります。
このカメラのイメージセンサはフルサイズです。望遠が減ってしまうのは困るのですが、画素数が6100万画素もあるのでクロッピング(画像データの真ん中だけのデータを使って、望遠と同じ効果。ズームアップできるけど画素数が減る)で対応しても2600万画素残ります。これでいけるのでは?
という事で、フルサイズ+野鳥撮影にも対応できるカメラ、、という事でこのカメラに決めました。
無論、MF(手動ピント合わせ)サポートの機能も付いています。

ブラックボディがカッコいいです。

という事で、ミラーレスの本気カメラ、α7R4、キミに決めた!!

夜の羽田空港

仕事を終えてほぼちょうどいい時間に空港にやってくると、直前に降った雷雨の影響で出発が45分遅れるとな。仕方がないので、ラウンジに行って窓越しに撮影。

羽田空港(出発)は飛行機を撮るのが特にむつかしいです。というのも、通路の構造の関係で窓ガラス近くまで寄ることができない。なので、夜だと写真を撮っている自分が写ってしまうという状況に・・・この写真はSuite Loungeの窓側ギリギリにミニ三脚を立てて長時間露光しました。運よくスタアラ塗装機が横向いて止まってくれました。

こちらは自分が乗る飛行機です。B777も随分と高齢になりました。1995年にANAに導入されたと書いてありますので、もうほぼ四半世紀飛んでるのですね。昔、飛行機の中で腰をいわして45日間入院した時もB777に乗っていました。2004年くらいかな。あれから15年も経つのか。。。

都心から空港、もしくはその逆の交通ですが、以前は京急を使うことが多かったのですが、最近はモノレールが楽で早いということに気づきました(ようやく?)特に、朝とか夕方の時間帯は京急って結構時間がかかります。その点モノレールは、如何せん本数が多い!だいたい3分〜5分に1本発着しています。混んでそうならば、次の便を待つ、ということを躊躇なくやることができます。

アオバズク

海外出張や国内出張で週末を潰し、その次の週に体調を崩したりしてなかなか会いに行けなかったアオバズクに会いに近所の神社に行ってきました。ここは駐車場から150mほど登っていきます。いやぁ、、きつかった。湿度が高くて汗だくに。上り詰めたところにある神社の林に、、居ました居ました。野鳥の空間識別能力はすざまじく高く同じ鳥が同じ森に渡ってくるらしいです。

アオバズク(父)

アオバズク(母)

去年は両親の管理下で子供が飛ぶ練習をしていました。かなりたどたどしい飛び具合でした。今年は、父母が外に出ていることから、すでに巣立ちが近い(まだ赤ちゃんであれば母親は巣にずっといる)とのことです。

この写真は7月15日に撮影したものですが、17日にはもう親鳥は居なかったようです。旅立って行きましたかね。また来年。

2018年の12枚

毎年撮った写真から1枚/月を選んでみました。

1月:新千歳空港で出発をまつANAの航空機
2月:伊丹→仙台行きの飛行機の中から。手前が南アルプス、奥は言わずと知れた富士山

4月:久しぶりにGWにいった北海道。羊蹄山に登る満月
5月:高校の時に所属していた吹奏楽部OB会主催の演奏会。楽器は吹きませんでしたがスタッフとして参加
6月:横須賀港の夕べ。手前に停泊しているのはヘリコプター搭載型護衛艦いずもです
7月:印象的な夕空
9月:出張でいったコペンハーゲン中央駅。スターバックスですら時代を感じます。
10月:隅田川河川敷公園から
11月:入間基地祭の前日のリハーサルに呼んでいただきました。青空に白色のスモークが映えます

巣鴨の鳥八

しばらく行ってませんが、巣鴨の鳥八です。焼き鳥屋さんのはず何ですが、刺身が美味しい。聞けば、毎日築地(今は豊洲まで行ってるのかな?)までバイクで仕入れに言ってるとのこと。

あと、ここのマスターはDIY好きで、人感センサを使ったトイレ利用灯などを自分で作ってます。あとは、太いテグスを繋げた(人力)自動ドアとか。

そんなマスターと色々話をしながら飲むお酒は美味しかったです。

焼き鳥屋さんなのになぜか超美味しい刺身
焼き鳥は、つくね、ネギま、だけです。

https://retty.me/area/PRE13/ARE5/SUB503/100000120955/

京都鉄道博物館(EH800)

ちょうど1年前、青函トンネルで貨物を引いているEH800が京都鉄道博物館で展示されるイベントがあったので行ってきたときの写真です。

EH800正面から

普段走っているのを駅のホームから見てもあまり大きさを感じませんが、地表から見てみるとかなりの大きさでその迫力に圧倒されます。

EH800運転席側面

四角に囲まれた英字は対応する保安装置(自動ブレーキとか自動制御)の種別を示すもの。Cというのは何ですかね?DS-ATC対応という意味でしょうか?(よくわかりません)

EH800を上から見た写真

運転席直上。下の白いのは静電アンテナ。その上は運転席用のエコアン室外機かな。

北海道貨物コンテナ

オホーツクの玉ねぎデザインの貨物コンテナも一緒にやってきてました。

久しぶりに

ブログにアクセスしてみると更新が必要、と。WordPress5.0.3に更新。記事を作成する時に、ブロックというコンセプトで文章やら写真やらを追加していけるらしい。

こんな感じに。(^ ^)。

暑い夏と花火

ほぼ1年ぶりの更新。
今年はGWに北海道に行ったので夏は行かず、、でした。関西の夏も暑いですが、北海道はどうだったんでしょうね。

夏と言えば、初めて気合いを入れて花火を撮影してみました。(8月4日)
神戸の花火大会をポーアイのあじさい公園から。
1930の打ち上げ開始に先立つこと6時間30分
めちゃくちゃ暇を持て余すかと思いきや、写真仲間と宴会をしていたらあっちゅうまに夕方に。
とても楽しいひとときでしたが、帰りはほぼ二日酔い状態で結構きつかったです。

とはいえ、こんだけきれいな花火を見ることができるのですから、来年も行くだろうなぁ。

夕焼け小焼け

横浜に出張に行った帰り、新横浜駅で乗り換えの時に見た夕焼けの色が印象的でした。時間がぎりぎりでしたがちょっとだけ脇へそれて一枚。ホワイトバランスを”曇り”で撮影したので赤みが少し増してますが、見た感じ本当にこんな色でしたよ。

持ち歩いていて良かったな、、と思えた瞬間でした。