カメラを買い換えました

2019-09-16 0 投稿者: nishi-yas

私がそれまで使っていたのが2011年に買った、EOS-7Dと、その少しあとにサブで買ったα6000。EOS-7Dが購入後もう9年目になっていたとはびっくり。(買ったのは2011年ですが、発売は2009年。もう10年も前)
長男のテニスの試合や次男の野球の試合を撮影するのに大活躍。そこから写真を撮ることに少しずつはまり出して今に至ってます。

で、最近、妻と一緒に野鳥を見に(撮りに)行くようになりました。野鳥は人間と違って、小さい、早い、暗いところにいることが多いのでなかなか大変。枝の奥にいたりすることが多いのでカメラのAFだけを使っていたらピントが合わないことも多々。なのでマニュアルで補正しています。
MFでピントを合わせる時に、ミラーレスだと、というか、α6000だとピントを合わせたい点の画像がEVF(Electronic View Finder)上にズームアップされて表示されます。なので、ピントが本当に合わせやすい。お気に入りの機能です。

こんな理由で、7Dを徐々に使わなくなり、α6000にMC-11というSIGMA製のマウントコンバータを使って、キヤノン用レンズを取り付けて撮影するようになりました。そうするとミラーレスの便利なところに慣れてしまい、ミラーレス1本にしてしまおうと踏ん切りがつきました。MC-11があればCANONのEFレンズが使えるし。

次に、ミラーレス、何にしようかな、、と考えてみました。私がポイントとしたのは下記
・鳥を撮るのでAPS-Cが良い(フルサイズにすると焦点距離ボーナスがなくなる)
・最後はMFで合わせ込むけどできればAFで非常に細かいエリアでピントを合わせて欲しい
・100-400くらいのレンズを付けた時にα6000のグリップは小さすぎて持ちにくい(小指がグリップにかからず余る)
・連写は秒間8-10コマ欲しい
・高感度のノイズが少ない撮像素子(裏面照射)

8月末にAPS-Cの新機種発表がある、と噂サイトに出ていたので、期待していました。でも、出てきたα6600のイメージセンサはこれまでと同じもの。あとサイズもこれまでと同じなのでホールド感もおそらく期待できず。。。

どうしようかなぁ、、と思案しつつ、9月6日に発売開始となったα7R4を少し触ってみました。
「良い」
何がって、EVFがめちゃくちゃ良いのです。OVFのように精彩でかつ明るい画像がそこにあります。
このカメラのイメージセンサはフルサイズです。望遠が減ってしまうのは困るのですが、画素数が6100万画素もあるのでクロッピング(画像データの真ん中だけのデータを使って、望遠と同じ効果。ズームアップできるけど画素数が減る)で対応しても2600万画素残ります。これでいけるのでは?
という事で、フルサイズ+野鳥撮影にも対応できるカメラ、、という事でこのカメラに決めました。
無論、MF(手動ピント合わせ)サポートの機能も付いています。

ブラックボディがカッコいいです。

という事で、ミラーレスの本気カメラ、α7R4、キミに決めた!!